株式会社スマイル・ハート

いつまでも安心して暮らせる住まいを

 

スマイル・ハートのバリアフリー・介護リフォームの特徴

トータル的な提案力

リフォームと福祉用具レンタル・販売サービスを行っている弊社へのご依頼は「退院してくるので何が必要か見て欲しい」「転倒しやすくなってしまったので、安全にトイレや浴室に行くにはどうしたら良いのか相談に乗って欲しい」などトータル的に住環境の整備に対するアドバイスを求められます。通常リフォーム会社、福祉レンタル業者等、数社に依頼しなければならないような案件であっても、双方のサービス共に専門性の高い弊社であれば一括で済み、的確に提案することが出来ます。

アフターサポートが充実

比較的自立度が高く、杖や歩行器を福祉用具レンタルサービスにて長期間レンタルしていたが身体状況に変化があったなどの際は「転倒事故を未然に防ぐため手すりを設置するリフォーム工事をしてはどうか」とご提案させていただくことで安心感を感じていただけています。

女性担当者

同業他社は男性スタッフが多いが、弊社は女性スタッフが在籍することから、独居の女性高齢者や、キーパーソンとなる家族が女性の場合に大変喜ばれています。

 

バリアフリーリフォームのきっかけ

 

バリアフリー化で失敗しないために

 

費用の目安

手すり 70,000円~

バリアフリー・介護リフォーム助成(住宅改修費支給制度)について

介護リフォームについて

高齢者住宅改修費用助成制度は、要支援・要介護の認定を受けている方のご自宅に手すりやバリアフリー化などの住宅改修をおこなう場合、実際の工事費用としてかかる住宅改修費の9割もしくは8割相当額が支給される制度です。

支給を受ける(制度を利用する)には、原則工事前に、必要な申請手続きをおこなうことが必要です。
また、ケアマネージャーが改修工事が必要な理由書などを記載する必要がありますので、まずはご担当のケアマネジャー、またはスマイル・ハートにご相談ください。

 

高齢者住宅改修費用助成制度の概要
補助金受給の対象者 要支援1~2、要介護1~5のいずれかに認定されている介護保険の被保険者となります。
補助金の対象となる住宅は「介護保険被保険者証」に記載されている住所の住宅となります。
支給額 最大18万円(工事費用20万円の場合9割まで支給)
支給要件等
  • 要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること
  • 改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること
  • 一定の介護リフォーム工事を行うこと
補助金の利用 原則として、補助金の給付は、被保険者1名につき1回となりますが、20万円を数回に分けて利用することができます。
例えば、1回のリフォームで10万円しか使わなかった場合、次回に10万円でほかの工事がおこなえます。

 

補助金支給の対象となる工事

手すりの取り付け

廊下、階段、玄関、トイレなどに、手すりを取り付ける工事。門から玄関までアプローチを取り付けるなど、屋外工事も対象です。

床の段差の解消

リビング、トイレ、浴室、玄関、通路などの段差をなくしたり、スロープを設置したりする工事。敷居のわずかな段差にも適用されます。

バリアフリーのための床の取り替え

浴室、階段などに使われている滑る床材を滑りにくい床材に取り替える工事。車椅子が使いにくい畳の床をフローリングなどに変更することも可能です。

引き戸など使いやすい扉への取り替え

開き戸を引き戸やアコーディオンカーテンなどに変更する工事。握力が弱くなると開閉しにくいドアノブの取り替えや、扉を動かしやすくするための戸車の設置も対象です。

洋式便器などへの取り替え

和式トイレを洋式にするなど、立ち座りの負担を減らし、トイレを使いやすくするための工事。今ある洋式トイレを使いやすくすることもできます。

工事をするための付帯工事

5項目の工事をおこなう際、必要になる付帯工事も補助金の対象となります。

手続きの流れ